中国の漢方精力剤と歴史

中国の漢方精力剤と歴史

漢方とは、中国から伝わった医術や薬術だと言われています。

東洋医学などと呼ばれたりもしますが、その本質はどんなものなのでしょうか。
東洋医学に対して西洋医学いう言われ方をするのが、一般的な医術です。

東洋医学では、どんな病気も五臓六腑のバランスが崩れることで生じるものだと
捉えられています。

現在、起こっている病気は、その人の生活習慣や食生活などの影響が大きく
関わっていると考え、一見無関係に思われるような事柄も参考にします。

つまり病気の解決には、様々な要因を総合的に判断し、その人の体質にあった
対応をし、漢方薬を配合する点が東洋医学、漢方の特徴です。

まったく同じ症状の人でも、その人の体質や体重などの差異により、調合を
変えるのが漢方薬ということです。

そういった歴史をもつ漢方ですが、最近は漢方の精力剤なども多く販売されて
います。

つまり精力の衰えも、体のどこかにアンバランスが発生している為に起こる
という考え方に基づいて開発されていますので、精力の増強だけでなく
滋養強壮にも効果があるのが、漢方系の精力剤の特徴です。

漢方は体にいいから副作用がないと思っている方も多いですが、一概にそうは
言えないのです。というのも漢方の成分である生薬には、とても強い効果を
もっているものも多く、人によってはアレルギーなどの反応を起こす場合も
あります。

漢方精力剤の成分朝鮮人参の成分

copyright(C)男力を精力剤でサポート